同族

提供:MTG Wiki

部族から転送)
移動: 案内, 検索

同族/Kindredは、カード・タイプの1つ。かつては部族/Tribalという名称だった。


Bitterblossom / 苦花 (1)(黒)
部族 エンチャント — フェアリー(Faerie)

あなたのアップキープの開始時に、あなたは1点のライフを失い、飛行を持つ黒の1/1のフェアリー(Faerie)・ならず者(Rogue)クリーチャー・トークンを1体生成する。



All Is Dust / 全ては塵 (7)
部族 ソーサリー — エルドラージ(Eldrazi)

各プレイヤーは、自分がコントロールする1色以上の色のパーマネントをすべて生け贄に捧げる。


目次

[編集] 解説

クリーチャーではないカードクリーチャー・タイプを持たせるために未来予知で作られたカード・タイプ。例えば「同族・エンチャントレベル」である静寂の捕縛/Bound in Silenceは、エンチャント・カードではあるがレベル・カードを1枚を探すアムローの偵察兵/Amrou Scoutサーチすることができる。

同族・カードは必ず他のカード・タイプを併せ持ち、プレイ解決に際してはそのカード・タイプのルールに従う。すなわち、同族・カードがパーマネントになるかどうかは、他方のカード・タイプがパーマネント・タイプであるかどうかによる。例えば同族・エンチャントは、エンチャントと同様の手順で唱え、解決するとパーマネントとして戦場に出る

同族としてのサブタイプクリーチャーのサブタイプと共通であり、クリーチャー・タイプと呼ばれる。すべての同族カードは1つ以上のクリーチャー・タイプを持つ。

[編集] 名称の変更

初出時は部族/Tribalという名称だったが、2023年、「ゲームにおける言語表現や視覚表現を現代のセットにおけるプロセスや配慮、感性に合わせて更新する」との理由で、ルール用語としての部族は廃止され同族に置き換えられることが予告された[1]。その後、2024年6月のモダンホライゾン3およびモダンホライゾン3統率者デッキにて再登場した際に現在の名称に改められた。同時に行われたオラクル更新で既存の部族は同族に置き換えられた。名称のみの変更であり、機能に変化はない。

  • 変更の経緯については詳細に語られていないが、端的に「文化的な理由から」とされており[2]、過去に行われたキオーラ/Kioraラクシャーサ/Rakshasaの変更と同様、実在の文化への配慮によるものと思われる。同時に変更された陰影鎧についても同様のものと思われる。

[編集] その他

[編集] 再登場の可能性

同族はエルドラージ覚醒を最後に、本流のセットでは使用されなくなったカード・タイプである。

Mark Rosewater2011年の公式記事[3]において、「部族というカード・タイプに死を宣告しよう」と述べ、部族を今後使うつもりがないことを明言した。この時点では「どうしても必要な状況があれば――まあ、封印の奥底から引っ張り出すことになるだろう」という、状況次第での復活を示唆する表現が同時に用いられていたが、2015年の公式記事[4]では「何を持ってしてもそんなことはあり得ない」と非常に強い表現になっており、再使用する可能性が極めて低いことが改めて示された。

その理由は、イニストラードで部族を使用してプレイテストした結果、うまくいかなかったからである。部族を使うなら、例えばゾンビのフレイバーを持つ非クリーチャー・カードにはすべて部族をつけなければならないが、クリーチャー・タイプを参照するカードのほとんどはクリーチャーにしか影響しないので、文章が増える割にゲームプレイの向上に繋がらず、混乱を招くだけであった。

2021年モダンホライゾン2において部族であるゴイフの祭壇/Altar of the Goyfが登場したが、同時に公式記事[5]にて、これはモダンホライゾン2が高い複雑さと郷愁を有するセットであるが故の特例であり、部族を今後定期的に使うわけではないと述べられている。

2023年には偉大なる統一者、アトラクサ/Atraxa, Grand Unifierのカード・タイプに関する注釈文で、バトルという新たなカード・タイプが示唆される一方で部族は無視されるという扱いを受けている。その後、ルール用語として同族に置き換わる事が予告された。

2024年モダンホライゾン3およびモダンホライゾン3統率者デッキにて「同族/Kindred」に名を改め再登場。名称変更によって再登場の可能性が上がるのかという問いに対して、Mark Rosewaterは「カード・タイプ自体へのスタンスや使用頻度は変わらないが、適切な製品で単発的に登場させやすくなった」と答えている[6][7]

[編集] 該当クリーチャー・タイプ

未来予知
ローウィンモーニングタイド
モーニングタイド
エルドラージ覚醒
モダンホライゾン2
モダンホライゾン3
モダンホライゾン3統率者デッキ

[編集] 脚注

  1. MTGアリーナでリリース予定の『タルキール覇王譚』におけるカードの更新のお知らせ(Daily MTG 2023年11月3日)
  2. WeeklyMTG | Wilds of Eldraine Debut Aftershow(Youtube 2023年8月15日)
  3. Scary Stories, Part 1/恐るべき物語 その1Making Magic 2011年9月19日 Mark Rosewater著)
  4. Know What?/「何」の話(Making Magic 2015年11月16日 Mark Rosewater著)
  5. On the Horizons, Part 1/『モダンホライゾン』にて その1(Making Magic 2021年6月7日 Mark Rosewater著)
  6. Regarding the announcement today I'm curious about...Blogatog 2023年11月3日 Mark Rosewater著)
  7. Odds & Ends: 2023, Part 1/こぼれ話2023 その1Making Magic 2023年11月20日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

引用:総合ルール 20231117.0

MOBILE