エレメンタル

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

エレメンタル/Elementalクリーチャー・タイプの1つ。自然の精霊、意志を持った現象、概念の具現化といった存在にこのクリーチャー・タイプが与えられる。


Air Elemental / 大気の精霊 (3)(青)(青)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)

飛行

4/4


Ball Lightning / ボール・ライトニング (赤)(赤)(赤)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)

トランプル(攻撃しているこのクリーチャーは余剰の戦闘ダメージを、それが攻撃しているプレイヤーかプレインズウォーカーに与えることができる。)
速攻(このクリーチャーは、あなたのコントロール下になってすぐに攻撃したり(T)したりできる。)
終了ステップの開始時に、ボール・ライトニングを生け贄に捧げる。

6/1


Titania, Protector of Argoth / アルゴスの庇護者、ティタニア (3)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー — エレメンタル(Elemental)

アルゴスの庇護者、ティタニアが戦場に出たとき、あなたの墓地にある土地カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。
あなたがコントロールする土地が1つ戦場から墓地に置かれるたび、緑の5/3のエレメンタル(Elemental)・クリーチャー・トークンを1体生成する。

5/3

初出はリミテッド・エディション大地大気の四大精霊。ミラージュ・ブロックから数が増え始め、ローウィン・ブロックにおいては、同ブロック内における8つの主要クリーチャー・タイプの1つに選ばれた。また同時に、クリーチャー・タイプ大再編によってそれまで固有のサブタイプを持っていたカード群の多くがエレメンタルの仲間入りをした。フレイバー上どんな次元/Planeに登場してもおかしくなく、カードデザインにも制約が無いためか、その後も数多くのカード・セットで扱われている定番サブタイプである。イコリア:巨獣の棲処および統率者2020では、ケトリア/Ketria緑青赤)の主要怪物種族に選ばれた。ストリクスヘイヴン:魔法学院および統率者2021では、プリズマリ大学/Prismari College青赤)のマスコット・トークンに選ばれた。

に存在するが、特に、ついでに多く存在する。ローウィン・ブロックにおいては、赤の炎族/Flamekinには多くのタイプ的カードが、全色に存在する概念を表すエレメンタルには専用のキーワード能力である想起が与えられた。

タイプ的カードローウィン・ブロック基本セット2020に豊富に存在する。エレメンタルを含む、イコリア:巨獣の棲処の怪物の主要5種族を参照し、また強化するカードとして孤児護り、カヒーラ/Kaheera, the Orphanguardが存在する。

エレメンタル・トークン生成するカードは多数存在し、その種類も豊富である。(→トークン一覧

伝説のエレメンタル・カードモダンホライゾン3統率者デッキ現在46枚存在する(「伝説の(Legendary)・エレメンタル(Elemental)」でWHISPER検索)が、精霊信者の賢人、ニッサ/Nissa, Sage Animist忠誠度能力生成される目覚めし世界、アシャヤ/Ashaya, the Awoken Worldヴィトゥ=ガジーの目覚め/Awakening of Vitu-Ghazi‎クリーチャー化するヴィトゥ=ガジー/Vitu-Ghaziも存在する。

[編集] ストーリー

[編集] ローウィン

ローウィン/Lorwynには炎族/Flamekinと呼ばれるエレメンタルがいる。

ローウィンが大オーロラ/Great Auroraによってシャドウムーアへと変質したことにより燃えがら/Cinderへと変化した。

[編集] ゼンディカー

荒々しく力強いマナを持つゼンディカー/Zendikarでは、次元そのものが外敵を排除するためにエレメンタルが生まれる。

エルドラージ/Eldraziと戦うためにいくつものエレメンタルが目覚めた。

[編集] イコリア

イコリア/Ikoriaのエレメンタルは主にケトリア/Ketriaの支配的な怪物相である。

大気・水・土・炎といった自然の力の顕現であり、鮮やかな色をまとった動物の姿をしている。

[編集] アルケヴィオス

アルケヴィオス/Arcaviosの魔法学院ストリクスヘイヴン/Strixhavenでは、プリズマリ大学/Prismari Collegeのマスコットとして色鮮やかなエレメンタル達が作られている。

これは魔道士たちが作った「殻」の中に生ける自然のエネルギーを注入して生み出された、一種の芸術作品である。

[編集] 参考

MOBILE