アンコモン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アンコモン(Uncommon)とは、レアコモンの間にある稀少度、またその稀少度に属するカードのことである。

目次

[編集] 概要

エキスパンション・シンボルの色は基本セット2015以降のカード枠における稀少度の略号は「U」。原則として、15枚入りのドラフト・ブースター1つにつき3枚封入されている。

中間的な稀少度であるため、「やや複雑」な能力を持ったカードや、中途半端なカード、使い所の難しいカードなどが多い。そのため、シングルカード価格が高騰するカードと凋落するカードの落差が激しい。

また、X火力などリミテッドへの影響が大きいものや、色対策カードの多くはこの稀少度に含まれる。

近年のほとんどのセットでは各2色の組み合わせごとに、その色の組み合わせのドラフトアーキタイプを示す(基柱カードとなる)サイクルがこの稀少度に収録されている。これらは開発部用語で指針アンコモンと呼ばれている。

[編集] 稀少度の変更

カードが再録される際、カードプール全体のパワーバランスや以前の活躍を考慮した上で稀少度が変更されることがあるが、アンコモンは中間的な稀少度であるため、必然的にその機会が多い。

過去のレアやコモンが、アンコモンへ移行した例
過去のアンコモンが、レアやコモンへ移行した例

[編集] シングルカード価格が高騰したアンコモン

これらの共通点として、エターナル環境(特にレガシー)で猛威を振るっていること、更に通常のカードセットでは再録されていないカードであることがあげられる。4枚積みされることが多いため、出費も相当なものになる。

[編集] 参考

MOBILE