幻覚/Mind Bend

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mind Bend / 幻覚 (青)
インスタント

パーマネント1つを対象とし、それに書かれた色を表す単語1種をすべて別の単語1種類に置き換える。または、基本土地タイプ1種をすべて別の基本土地タイプ1種に置き換える。(例えば、あなたは「黒でないクリーチャー」を「緑でないクリーチャー」に変えたり、「森渡り」を「島渡り」に変えたりできる。この効果は永続する。)


魔法改竄/Magical Hack臨機応変/Sleight of Mindの2枚のカードを併せた代わりに、パーマネントに対してしか使えなくなったもの。

基本土地タイプを書き換えられるので、対戦相手防御円基本土地渡りなどへの対策になる他、プロテクションなどと組み合わせて積極的に使うこともできる。寒け/Chillなどの色対策カードと併用するのも効果的。

  • この効果対象としたパーマネント1つにしか影響しない。「すべて」と書かれているので勘違いされやすいが、これは「そのカードに書かれている、指定された単語すべて」という意味である。例えば、隆盛なる勇士クロウヴァクス/Crovax, Ascendant Heroにはという単語が2回使われているが、幻覚で「白をに変更する」と指定すれば、その両方が青に書き換わる。他のパーマネントに白という単語があっても、それには何の影響もない。
  • オラクルでは「Text」となっているのでやや紛らわしいが、この効果はルール文章に限らずタイプ行も書き換えることができる。
    • 第7版以前のルールでは、基本土地基本土地タイプを持たなかったため、ルール文章しか書き換えられず、別の基本土地に変えるようなことはできなかった。しかし第8版からのルール変更で、サブタイプとして基本土地タイプを持つようになったため、それを書き換えることによって別の基本土地に変えてしまうことができるようになった。出るマナはそれが持つ基本土地タイプに依存するからだ(カード名そのものは書き換えられない→CR:611.2)。
  • 源獣やそれがエンチャントしている土地の土地タイプを書き換えてやると、エンチャント先が不適正となるので源獣自体を墓地に落としたりできる。
  • フィッシュではエンドカードにもなりえた。アトランティスの王/Lord of Atlantisが付加する島渡りを他の基本土地タイプに書き換えたマーフォークの軍団がブロッカーを素通りして殴りかかってくるのである。

[編集] 関連カード

[編集] 参考