基本氷雪土地

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

基本氷雪土地/Basic Snow Landとは、特殊タイプの「基本」と「氷雪」を持つ土地、およびそれらのサイクル


目次

[編集] 解説

初出はアイスエイジコールドスナップモダンホライゾンカルドハイム再録された。単体での性能は平地/Plainsなど通常の基本土地サイクルのそれと変わらないが、氷雪関連のシナジーを得ることができる。特に氷雪マナを得るための最も手軽な方法として重宝される。

アイスエイジアライアンスには氷雪(当時の雪かぶり)を参照するカードがいくつか存在したが、メリットを持つカードはあまり強くなく、氷雪対策となるカードはそれなりに多かったので氷雪土地が使われることは少なかった。結局使うにしても使わないにしても、メリットもデメリットも微妙すぎたということだろう。

のちの再登場時には他にも多数の氷雪カードが追加され、さらに氷雪支援・氷雪依存のカードも強力になっている。当時より利便性が増したと言え、使用される頻度も高くなった。

エターナルでは汚れた契約/Tainted Pactライブラリーをより深く掘り進めたり、対戦相手の予報/Predictの指定を外すために、デッキ内の基本土地の半分を基本氷雪土地にするテクニックも行われている。けちな贈り物/Gifts Ungivenを採用するデッキでもカード名が異なることを利用するための併用がたまに見られる。

[編集] ルール

[編集] 該当カード

[編集] 参考

MOBILE