鶴田慶之

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

鶴田 慶之(つるた よしゆき)は、黎明期より活躍した日本マジック界最大の功労者の1人。通称「導師」。

デッキとは自作するもの、と言う風潮のときに、インターネットから最新鋭のデッキリストを輸入した最初の人物でもある。

プレイヤーとしては早々に一線を退いたものの、その後もライターとして多くの記事を執筆している。

RPGマガジンのコラムなどで、「リソース」や「アドバンテージ」という概念を日本のプレイヤーに叩き込んだ功績はとても大きい。正に理論の「導師」である。鶴田がマジックの記事で使用した用語としては「リソース」「(ハンドカードライフターン)アドバンテージ」「ボードコントロール」「コスト・パフォーマンス」などがある。別のジャンルで使われている用語もあるが、「リソース」などの用語はマジックの記事で初めて見たと言う人も多いだろう。「テンポ・アドバンテージ」以外のほぼ全ての用語を持ち込んだと言ってよい。現在、マジックの記事を書いている日本人はその意味で「鶴田チルドレン」と言っても過言ではない。

また、メルカディアン・マスクスからフィフス・ドーンまでの公式ハンドブックの執筆などに携わっていた。その際、鶴田が良く使っていた〆のひとことが、「さあ、デッキを作ってみよう。」であった。

  • プロフェシーの公式ハンドブックで、偶然ではあるが大いなるガルガドン/Greater Gargadonの登場を予言していた。
    • 鶴田は自他共に認める『ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)』のファンで、自らが執筆した公式ハンドブックのほとんど全てにおいて「キャントリップ」がD&D用語であると解説しているくらいである。『D&D』においては「レッサー・デーモン」&「グレーター・デーモン」の様にかなり多くの種族に「レッサー」と対になる「グレーター」名を冠したモンスターが登場するが、マジックの開発チームもD&Dファンであることは明白で、「これならグレーターも出るだろ」と予想するのは『D&D』ファンである鶴田には容易であったのではないだろうか。
      • ちなみに、熱烈なファンであることが高じてか、現在は『D&D』の翻訳に携わっている。
  • 「ルールの神様」としても知られ、世界選手権96ではその堪能な英語を駆使して、ルール面で揉めてしまった塚本俊樹をかばい、(世界選手権97ヘッド・ジャッジだった)Charlie Catinoと渡り合って当時唯一のレベル5ジャッジのトム・ワイリーを引きずり出す事に成功し、見事塚本側有利の裁定を引き出したりしている。
  • 「マジック最強のカードは?」との問いに対する「だな」との回答は「名言」として語られている。

[編集] 主な戦績

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 参考

MOBILE